日本で最も美しい村連合総会-その12007年10月04日 19時17分37秒

白旗氏の講演

昨日は午後2時より「日本で最も美しい村-大鹿村フォトコンテスト」の授賞式と審査された白旗史郎氏の講演会がありました。
授賞式開始直前まで、4日の昼食の煮物作りやグラス拭きなど前準備に追われていましたが、なんとか授賞式前に作業が終わり授賞式も白旗氏の講演もどちらも参加することができました。

日本で最も美しい村連合総会-その22007年10月04日 19時26分50秒

日本で最も美しい村総会

今日4日は「日本で最も美しい連合総会」の日です。
昨日までぐずついた天気で今日も予報は曇りだったのですが、朝から晴天でまさに日本で最も美しい村・大鹿村にふさわしい秋晴れの空でした。

日本で最も美しい村連合総会-その32007年10月04日 19時29分49秒

交流センター調理室

今日の昼食は「ろくべん」という6段重ねの木製のお弁当箱に大鹿村の素材を生かした料理を詰めて、提供します。
この「ろくべん」は大鹿村の庶民が春と秋に行われる農村歌舞伎を見ながら食べるお弁当で、代々大鹿村に住んでいるお宅には「ろくべん」が大切に保管されているようです。
朝8時半に交流センターに集合し、調理室で「ろくべん」にお料理を詰める作業を流れ作業で行いました。

日本で最も美しい村連合総会-その42007年10月04日 21時16分13秒

ろくべん

「ろくべん」の中には詰め終わったお弁当がそれぞれ収納されています。
お昼の本番を待つばかりです。

日本で最も美しい村連合総会-その52007年10月04日 21時19分26秒

ろくべんの中身

これが「ろくべん」に詰めたお料理の数々です。
ごはんは赤石荘さんが炊いた舞茸ご飯、お漬物はみょうがの甘酢漬けとウリの鉄砲漬け、ワラビの味噌漬け、イワナの甘露煮、岩茸とこんにゃく/にんじんのクルミ和え、キャラブキ、大鹿の根菜類の煮物、大鹿産のイチゴ、大鹿産のリンゴ、栗の渋皮煮が入っています。
先に昼食係だけで余ったお料理・漬物とおにぎりで昼食をいただきました。どのお料理も繊細な味付けでとても美味でした。